ウォシュレットの特徴

 

ウォシュレットは1980年代頃から販売された便器の1種であり、洗浄シャワー・消臭機能・電気による便座の温めといった機能が備え付けられているので人気が出ました。 当サイトではそのようなウォシュレットの特徴から購入する際のポイントと相談方法についてご紹介します。 ウォシュレットの基本となる特徴は洗浄シャワーで、こちらは用を足した後に綺麗に洗い流せますから雑菌の繁殖を防げるのです。 また消臭機能のおかげで便座の周辺から匂いが発せられることはありませんし、わざわざスプレーを使うこともなくなるので負担を抑えられるのです。

更に電気を使った便座の温め機能を活用することで寒い冬の時期であっても冷たさを我慢することはありませんから、腹痛の症状を悪化させることはないと言えます。 こうした素晴らしい特徴がありますのでウォシュレットは2011年の1月には販売台数が3000万台を突破しました。 2006年の10月頃からは日本以外にも中国・香港・アメリカ・カナダといった所でもウォシュレットが使われるようになり、世界中でこうした便器を使うことは一般的となったのです。 その後研究が続けられて2012年には瞬間暖房便座が採用されるようになり、一体型も登場した為より便利な機能を使えるようになったのです。

追加機能として自動開閉やオート小洗浄も導入されたので、最新のウォシュレットを購入する方も増えました。 メーカー側ではウォシュレットの紹介を行っている為、どのようなものを購入すれば良いか分からず困ってしまうことはなくなりました。

Copyright © 2014 ウォシュレットの特徴 All Rights Reserved.